『たまご色のケーキ屋さん』は、
NODOKA「のどか」
という名前にて再スタートする事になりました。

『5月8日より、『ハンバーグハウス牛車』様と『基山っ子みらい館』様にて出張販売を行います。』

新しい店舗などは契約などの関係でもうしばらくかかる見込みです。
おまたせして大変申し訳ありませんが、もうしばらくお待ちいただければ幸いです。

美味しいケーキの秘密

こんにちは!
みのり農場の麻生真司です。

本日は美味しいケーキの秘密についてお話していきます。

とはいったものの、そんな凄い話ではありません(笑)

僕(みのり農場)が大事にしている考え方をお話しします。

まずは、「卵」ありきです!

・・・

・・・

・・・

はい、「そりゃお前が卵屋だから宣伝したいんだろう!」という
激しいツッコミが聞こえてきそうです(笑)

もちろん、自社の卵ですから宣伝してたくさんの方に知っていただきたいのは
当然あります。

ですが、それだけではないのです。
たまご色のケーキ屋さんに今もたくさんお客様が買いに来てくださる
ケーキはロールケーキ始め、シフォンケーキ、シュークリーム、プリンなど
とてもオーソドックスでシンプルなものばかり。

シンプルであるということは素材のごまかしがきかないという事です。
分かりやすく例えると、お素麺やお蕎麦。

どちらもシンプルがゆえにまず素材の質が決め手で、かけた手間ひまで
美味しさの差が歴然ですよね!

ケーキもそれと同じなんです。

たまご色のケーキ屋さんのケーキはスポンジや生地が主体のケーキです。

スポンジ生地の原料で一番の割合を占めるのが卵です。

卵は気泡性、乳化、タンパク質の熱凝固がありますから
スポンジ作りの要といっても間違いではありません。

実際に他社の卵で何度も試作をしたことがありますが
卵の成分が薄く、泡立ちが荒く、乳化が弱い(乳化が弱いと同じレシピでも油っぽく感じます)
そして味わいも薄いので、砂糖やバターの味が強く感じてしまいます。

上記は他社を批判しているわけでもなく、当店のレシピで焼いた場合の事です。
たまご色のケーキ屋さんのレシピは優黄卵で完成させたレシピですから
他の卵ですと同じ食感や味わいにすることは難しいです。

卵が変わってしまうと、もう今の美味しさは作れません。
卵はたまご色のケーキ屋さんにとってそのくらい重要な役割をしています。

明日はまた他の材料のお話をしていきますね(^_^)

卵が1番重要な役割を担っています。

卵が1番重要な役割を担っています。

 

今月の出張販売スケジュール
読み込み中... 読み込み中...
お問い合わせフォーム

    blog
    NODOKA「のどか」期間限定公式サイト

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました