『たまご色のケーキ屋さん』は、
NODOKA「のどか」
という名前にて再スタートする事になりました。

『5月8日より、『ハンバーグハウス牛車』様と『基山っ子みらい館』様にて出張販売を行います。』

新しい店舗などは契約などの関係でもうしばらくかかる見込みです。
おまたせして大変申し訳ありませんが、もうしばらくお待ちいただければ幸いです。

沖縄の美味しいお魚

こんにちは。
みのり農場の麻生真司です。

先日の宮古島でダグズ・バーガーのオーナーである照井さんに
美味しいお店を聞いたところ、「郷家のはなれ」さんを紹介
いただきました。

※同じ系列の「郷家」もありますが、そちらではありません。

予約していた時間に到着し、まずはビールをいただきました♪

それから、お刺身を出してくださいました(*^o^*)
僕は日本料理出身なので、お刺身大好きです☆
食べログで下調べた際に、日本酒の品揃えが抜群だと
書いてあったので、日本酒を頼もうとしたら、

「せっかく宮古島に来たなら、九州でも飲める日本酒ではなくて
泡盛にしませんか?」とご主人。
蒸留酒が苦手気味な僕に飲みやすいものをチョイスしていただきました。泡盛はアルコール度数25度。ロックで飲んだら胃が炎症を
起こしそうなので、お湯わりでいただきました。

お刺身はアカジンミーバイ(スジアラ)やダグズ・バーガーさん
でも出される特産のキハダマグロなどなど。
沖縄で養殖されている本鮪も1切れ出していただきました。

宮古島、沖縄の魚のお刺身☆

宮古島、沖縄の魚のお刺身☆

アカジンミーバイは美味しい白身でした。

アカジンのジンは沖縄の方言で「お金」の意味。
ミーバイはハタ類全般を言うそうです。

なので、赤いお金になる魚という意味で、
高級魚なので、漁師さんがこれが釣れると
お金が入るので、喜んだという意味なんだそうです。

美味しかったのですが、少し水分が多いので、締め方を
工夫して神経抜きするとか、昆布〆にして熟成させたり
するともっと美味しくなりそうだなあ〜と思いました。

今回、美味しいと思ったのが、
アカマチ(浜鯛)のマース煮。そして島野菜とアグー豚の
蒸し物です。

マース煮のマースはご存知だと思いますが、塩という意味。
煮魚といえば醤油味で甘濃く炊いた煮付けのイメージですが、
マース煮は塩と薄口醤油、泡盛などでさっぱりと炊いた
煮魚です。

アカマチ(浜鯛)のマース煮☆

アカマチ(浜鯛)のマース煮☆

さっぱりとしていて、魚の持ち味が生きて、僕はお酒を
飲みながらだとマース煮が好きですね♪良い発見でした。

それと一番美味しかったのが、島野菜とアグー豚の
蒸し物。野菜と豚を蒸しただけの料理ですが、
野菜の味が濃くて本当に美味しかったです。

島野菜とアグー豚の蒸し物☆

島野菜とアグー豚の蒸し物☆

島野菜は今が一番美味しいのだとか。
春になると暑くなってくるので、夏野菜の
トマトも夏場は暑すぎて栽培できないのだそうです。

本当に美味しかったです。
野菜をいただくとホッとします。

食べ物ネタ続きですが、読んでくださってありがとうございます
m(_ _)m

今月の出張販売スケジュール
読み込み中... 読み込み中...
お問い合わせフォーム

    blog
    NODOKA「のどか」期間限定公式サイト

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました