『たまご色のケーキ屋さん』は、NODOKA「のどか」という名前にて再スタートする事になりました。

新店舗は改装中の為、
オープンは年明けになる見込みです。
お待たせして大変申し訳ありませんが、もうしばらくお待ちいただければ幸いです。

倉庫解体

こんにちは(*’▽’*)
NODOKA(旧名たまご色のケーキ屋さん)の麻生真司です☆

※今日のブログは、少し汚い画像がありますので、
食事中や苦手な方は読み進めないでくださいm(_ _)m

新店舗の改装作業が続いています。
肝心の厨房は上水道の配管などのさらに詳しい調査や、
資材が揃っていないので、まだまだ始められないので、
自分たちでできることをひたすらやっていきます^_^

物件が久留米市の中心部なので、
やはり唐津としたら、場所(スペース)に限りがあります。
建築系の業者さんや厨房の業者さんが言われるには、
移転先のお店も久留米の中ではかなり広い方らしいのですが、
お菓子は機材が大きいので、私からするとあと5坪1階に欲しいところです・・・。

なぜスペースの話をするかと言いますと、
プレハブ冷凍庫がどうしても1階に置けず、
2階に広い屋上があり、そちらに置くことになりました。

現状、そこには倉庫が2つあるのですが、
5年くらい誰も入っていない物件なのと、
前の方が倉庫の設置具合をよく考えずに置いてあるので、
(施工が雑・・・)

倉庫の1つは雨の影響で、
完全に床の木が腐っていました・・・(^◇^;)
倉庫の床が腐っている
冷機屋さんと現場で打ち合わせし、2つの倉庫のうち、1つを撤去して、
そこにプレハブ冷凍庫を設置する事に。
(冷機屋さんは、冷凍冷蔵庫・エアコン空調の専門家です)

冷機屋さんと相談してて、このプレハブどうやって撤去しましょうか?
(しかも場所が2階なので)

2階の屋上といっても、周りが2.5メートルくらいの
高い壁に覆われているような屋上なので、
ユニック車(クレーンがついたトラック)では屋上の壁が高過ぎて、
プレハブを釣り上げる事はできません。

これはクレーン車が必要と言われましたが、
そもそも床が腐っているので、
クレーンで吊り上げて運んでいる途中で、腐った床が
きっかけで空中分解してもいけないですし(^^;;

そもそも巨大クレーンを呼ぶ費用を持ち合わせていないので、
自分たちで解体する事に。

とりあえず腐った床がボリュームがあり、
床を撤去するので、1日終わりました(^◇^;)
久しぶりに養鶏場のとある作業を思い出しました・・・
床の撤去が進み、ようやく屋上の床が見えてきました
倉庫のフレームがかなりしっかりとした鉄骨なので、
自分たちでできるか心配ではありますが・・・
何とかやるしかありません(^-^)

 

今月の出張販売スケジュール
読み込み中... 読み込み中...
お問い合わせフォーム

    blog
    NODOKA「のどか」期間限定公式サイト

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました