『たまご色のケーキ屋さん』は、
NODOKA「のどか」
という名前にて再スタートする事になりました。

『5月8日より、『ハンバーグハウス牛車』様と『基山っ子みらい館』様にて出張販売を行います。』

新しい店舗などは契約などの関係でもうしばらくかかる見込みです。
おまたせして大変申し訳ありませんが、もうしばらくお待ちいただければ幸いです。

神性ロールケーキ☆

こんにちは!

たまご王子こと、みのり農場の麻生真司です!

しばらくサーバーの調子が悪く、ブログの更新が

途切れてしまい失礼しました^_^

久しぶりの投稿ですが、とてもいいニュースがあります♪

 

といいますのが、たまご色のケーキ屋さんで長年のロングセラーである看板商品のロールケーキがさらに美味しくなりました!!

 

美味しくなった理由は「小麦粉」。

今までも安心安全の国産小麦粉。

しかも北海道産を使用していました。

 

北海道産は風味と味がとても良いのですが、

国産小麦粉特有の粘りというか、どうしても食感が重くなりがちですし、スポンジの気泡を支える力が弱いのです。

 

ですから、今までは北海道産小麦粉の薄力粉だけでは粉の力が弱く、どうしてもうちのロールケーキのあの厚みのあるスポンジの気泡を支えきれずに少し潰れ気味でしたので、粉の力を補強すべく、薄力粉にほんの少し北海道産の中力粉をブレンドして作っていました。

 

こうすることで、気泡を支えて厚みのあるスポンジを保持していたのですが、中力粉が入るのでどうしても口どけの良い中にも少しモチっとした弾力のある食感になっていたのです。

 

どうにかならないかなぁ〜と思っていたところ、

先日、とある製粉会社さんから同じ北海道産小麦粉ですが薄力粉の素晴らしい物が開発されました。

 

本当に国産小麦粉なの?というくらい、外国産小麦の薄力粉並みの軽さが出ますし、中力粉で補強しなくても充分に厚みのあるスポンジを支えることができています。

 

僕も1度、愛用している江別製粉という北海道にある製粉会社の工場見学に行ったのですが、小麦粉の製粉は粉を挽く時にお酒の精米と一緒で、皮の近くと中心の近くで一粒の小麦を20種類以上の精麦度合に分けながら挽いていくのです。

 

それを皮の近くの部位や実の中心の近くの部位などを配合や挽く細かさなどをあわせながら、味や食感を作っていきます♪

 

 

 

もう、当店のロールケーキの口どけの良さも、食感がモチっとすることなく、ほどけるように馴染んでとけていきますよ(^o^)

 

是非、ご賞味下さい♪

 

 

今月の出張販売スケジュール
読み込み中... 読み込み中...
お問い合わせフォーム

    blog
    NODOKA「のどか」期間限定公式サイト

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました